第24回 日本小児・思春期糖尿病学会

【ポスターデータ】

ポスターデータ

ダウンロード
(pdf:245KB)

【主催事務局】
日本赤十字北海道看護大学
臨床医学領域
〒090-0011
北海道北見市曙町664番地1


【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12-吉川ビル4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:
jspad24@conventionlab.net

会長挨拶

「広げよう!小児・思春期糖尿病医療の輪」

謹啓 時下、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、2018年7月15日(日)大阪市で第24回日本小児・思春期糖尿病学会年次学術集会を開催いたします。日本小児・思春期糖尿病研究会は本年4月1日より学会として歩みを進めることになりましたので、学会として開催される、第一回目の年次学術集会となります。
 糖尿病は全身疾患であることに加え、生活習慣との関連性が強く、次のライフステージへと繋がっていくものですから、関連する学会との連携はとても重要です。また糖尿病医療は病院・クリニックのなかだけで完結するものではなく、 むしろ生活の場を中心にしたものであることは論を待ちません。したがって、さまざまな角度から患者さんを支える体制をより強固に構築していかねばならないでしょう。このような観点から、本年次学術集会ではテーマを「広げよう!小児・思春期糖尿病医療の輪」とさせていただきました。
 特別講演には日本糖尿病・妊娠学会理事長の平松祐司先生をお招きして、小児期・思春期の次に控える妊娠についてお話ししていただきます。また医療を支える行政、教育、栄養や心理の分野の方々とともに小児・思春期の糖尿病医療を考えるシンポジウムを企画しております。
 全国から多数の小児科医、内科医、看護師、栄養士、薬剤師、検査技師の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

謹白

第24回 日本小児・思春期糖尿病学会年次学術集会
会長:伊藤 善也
日本赤十字北海道看護大学 臨床医学領域 教授

【主催事務局】
日本赤十字北海道看護大学
臨床医学領域
〒090-0011
北海道北見市曙町664番地1


【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12-吉川ビル4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:
jspad24@conventionlab.net